マンゴー通販/宮古島マンゴー 産地直送

マンゴー通販の宮古島マンゴー屋

マンゴーネット通販/宮古島マンゴーの産地直送

宮古島の非加温マンゴー

宮古島マンゴーの美味しいわけ

熱帯果樹のマンゴーは太陽の光が好きです。糖度の高いマンゴーを育てるには強い太陽による光合成が必要です。
島の最高標高はわずか115mと平坦な大地で、日照時間が長く、隆起珊瑚礁による世界一ミネラルを含んだ海水(ギネスブック認定)が 風雨となってマンゴー農園に降り注ぎ、マンゴーの栽培に適した宮古島特有の土壌、島尻マージとなります。

 

宮古島は沖縄本島の南西約300キロに位置し、島の最高標高はわずか115mと平坦な大地で、
日照時間が長く、隆起珊瑚礁による世界一ミネラルを含んだ海水(ギネスブック認定)が 風雨となってマンゴー農園に降り注ぎ、マンゴーの栽培に適した宮古島特有の弱アルカリ性の土壌、島尻マージとなります。
また、亜熱帯海洋性気候の宮古島は年間平均気温が 約23度とその恵まれた気象条件で、
ボイラーを焚かずに強い太陽で自然完熟させたマンゴー は糖度が高く、酸味の少ないのが特徴です。続きを読む

非加温のマンゴーは太陽だけで完熟させたマンゴー

ボイラーを焚かずに太陽だけで完熟させた非加温の宮古島アップルマンゴーの果肉はきめが細かく、糖度が15度から18度と高いのに上品な味わいなのは適度な酸味があるからです。栄養バランスも良く糖度が高い割にカロリー控え目、マンゴーが「果物の王様」と言われるゆえんです。
続きを読む
届いたマンゴーをすぐ冷蔵庫に入れないで、、、

 

強い甘みと香りがする人気のアーウィンマンゴーは、高い価格の国産マンゴーが贈答用として流通し、
年間40億円を超える果物となっています。
また、輸入マンゴーも増え続け国産マンゴーとほぼ同じ金額になっています。
マンゴーは収穫から1週間ほどで食べごろとなりますから、
日持ちしないデメリットが逆に、宅配便が整っている日本ならではの果物と言えます。
マンゴーは、冬場の温度を摂氏5度以上を保てば、どこでも栽培できますので
加温燃料費が高くつきますが、ハウスみかんなどと比べるとコスト面から注目されています。
それでもやはり、太陽光だけで育てることのできる宮古島の非加温マンゴーの濃い甘さは抜群です。


宮古島産特選マンゴー 2キロ

  • ご進物用のし紙、お届け先はご注文ページでご指示いただけます。
  • ご進物用マンゴーのお支払は、お届け後ご注文者様へ請求者が郵送される、ネットプロテクションの後払いをお勧めいたします。

特選マンゴー2kg


商品名 : 宮古島産特選マンゴー
規格 : 特選品
容量 : 2kg (4個〜6個入り)
送料 : 無料
代引き手数料・代金後払い手数料 : 無料

宮古島マンゴーの果肉

特別価格 :9,000円(税込み)
発送時期:収穫の始まる6月下旬からご注文順に発送予定です。

 

箱 

 

特選(お中元)マンゴー 1キロ

  • ご進物用のし紙、お届け先はご注文ページでご指示いただけます。
  • ご進物用マンゴーのお支払は、お届け後ご注文者様へ請求者が郵送される、ネットプロテクションの後払いをお勧めいたします。

宮古島マンゴー 1キロ


商品名 : 宮古島産特選マンゴー
規格 : 特選品
容量 : 1kg (2個〜3個入り)
送料 : 無料
代引き手数料・代金後払い手数料 : 無料

特別価格 :5,000円(税込み)
発送時期:収穫の始まる6月下旬からご注文順に発送予定です。

箱   

 

お得な訳ありマンゴー 2キロ

太陽の陽射しで完熟させた宮古島マンゴーですが、
特選品を厳選すればするほど、不揃いなどの訳ありマンゴーがでます。
少しのキズ、少しの変色、形の不揃いの訳ありマンゴーです。
果肉は特選品と同じ、濃厚な甘さのお得な宮古島アップルマンゴーです。

お得な訳ありマンゴー2キロ


商品名 : 宮古島産お得な訳ありマンゴー2キロ
規格 : お得な訳あり
容量 : 2kg (4個〜6個入り)
送料 : 無料
代引き手数料・代金後払い手数料 : 無料
お得な訳ありマンゴーの果肉

特別価格 :7,000円(税込み)
発送時期:収穫の始まる6月下旬からご注文順に発送予定です。

箱   

どちらのマンゴーがいいですか?
きれいな真っ赤なアップルマンゴーですか?
食べれば甘くて濃厚な味がするマンゴーですか?

生産農家の目指す理想のマンゴーはきれいな真っ赤なアップルマンゴー、食べれば甘くて濃厚な味がするマンゴー、この両方の条件を満たすアップルマンゴーですが、実際はこの条件を満たしたマンゴーはどの生産農家さんでも収穫されるマンゴーの数パーセントです。でも、何十年もマンゴーを作ってきた生産者がこれは甘いと言うマンゴーには共通した点があります。
それは、真っ赤なマンゴーではなく少し黄色みがかったマンゴーなんです。
毎年宮古島に行ってる店長も濃厚な味わいのマンゴーが少しわかるようになったそうです。
そうなんです、少し黄色味を帯びてるマンゴーなんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ