• ボイラーを炊かない太陽光だけで完熟させた宮古島マンゴー
    宮古島島尻マージ

    宮古島にはなぜハブがいない?

    ハブが嫌うマンゴー栽培に適した土 毒蛇ハブのいる沖縄本土では昔、ハブを避けるために肥料で、 土壌の中和剤である消石灰(弱アルカリ性)やサンゴを 家屋の周りに撒いたといわれています。 ハブは酸性の土壌の …

    続きを読む


    宮古島人頭税

    宮古島での古い昔の人頭税

      人頭税は、穀物(宮古島では主に粟)または反物にて納税させられており、 村の収穫量・身分・性別・年齢によって、税の細かい等級が決められていた。 琉球王国では、土地の個人所有が禁じられており …

    続きを読む


    マンゴーの受精と花粉媒介

    マンゴーの花は、昆虫にとって花粉が運ばれる虫媒花といわれます。 主な花粉媒介者はハエ、ミツバチですが、本土ではミツバチが多く用いられ、 南西諸島では簡単に手に入るキンバエをハウス内に放飼します。 しか …

    続きを読む


    マンゴーの芽

    マンゴーは隔年結果性

    マンゴーの「アーウィン」は隔年結果性が強い品種である。 マンゴーを成らせ過ぎると翌年の花の量や質が低下し、収穫低下を招く。 そのためには摘花と摘果をきちんと行うことが大事である。 一花房に胚の生育のよ …

    続きを読む


    日本のマンゴー

    日本のマンゴー

    国産のマンゴーは熟すと果皮に油膜状のものが現れ、何とも言えぬ甘い香りを発する。種に沿ってナイフで三枚におろすようにカットすると、果汁が滴り、いっそうその香りが広がる。 そしてそのジューシーな橙色の果肉 …

    続きを読む


    マンゴーの木

    マンゴーの歴史

    4000年前の文献から当時すでにインドではマンゴーが栽培されていたことは明らかですが、 近年の研究では原産地はミャンマー、タイ、マレー半島であるという説が有力です。 また、インド、ミャンマー、熱帯ヒマ …

    続きを読む