• ボイラーを炊かない太陽光だけで完熟させた宮古島マンゴー
    宮古島

    宮古島マンゴーの美味しいわけ

    熱帯果樹のマンゴーは太陽の光が好きです。 糖度の高いマンゴーを育てるには強い太陽による光合成が必要です。 宮古島は沖縄本島の南西約300キロに位置し、 島の最高標高はわずか115mと平坦な大地で、 日 …

    続きを読む


    非加温のマンゴーは太陽だけで完熟させたマンゴー

    太陽だけで完熟させた非加温の宮古島アップルマンゴーとは、 ビニールハウスで栽培しますが、それは雨期にマンゴーの花がの落下を防ぐためです。 亜熱帯海洋性気候の宮古島は年間平均気温が約23度とその恵まれた …

    続きを読む


    マンゴー栽培ハウス

    マンゴーの加温栽培と非加温栽培

    近年では宮崎、熊本、鹿児島の九州から和歌山、静岡、千葉で栽培されるようになりました。 これらの栽培地の北上を可能にしたのは、 何といっても冬季の低温から結実、完熟までビニールハウス内を ボイラーを焚い …

    続きを読む


    カットマンゴー

    「果物の王様」 マンゴーの栄養素

    宮古島アップルマンゴーの果肉はきめが細かく、 糖度が15度から18度と高いのに上品な味わいなのは適度な酸味があるからです。 栄養バランスも良く、特に良質のビタミンAを多く含んでいて、 糖度が高い割にカ …

    続きを読む


    マンゴーの花

    原産地とマンゴーの花の臭い

    マンゴーの原産地はインドからインドシナ半島にかけての熱帯地域です。 インドでは4000年以上前から栽培され、500以上の品種が世界で栽培されています。 マンゴーの木は40メートルにも達する常緑高木です …

    続きを読む


    マンゴーの苗

    マンゴー栽培のポイント

    マンゴーは成長が早く強い樹勢 東南アジアでは樹高が25M以上、樹冠幅が20M以上ときわめて樹勢の強い樹種であるマンゴーを日本ではビニルハウスという限られたスペース内で栽培しなければならないからそれは大 …

    続きを読む


    マンゴーは隔年結果性が強い

    マンゴーの「」は隔年結果性が強い品種である。 マンゴーを成らせ過ぎると翌年の花の量や質が低下し、収穫低下を招く。 そのためには摘花と摘果をきちんと行うことが大事である。 一花房に胚の生育のよいマンゴー …

    続きを読む


    マンゴーの受精と花粉媒介

    マンゴーの花は、昆虫にとって花粉が運ばれる虫媒花といわれます。 主な花粉媒介者はハエ、ミツバチですが、本土ではミツバチが多く用いられ、 南西諸島では簡単に手に入るキンバエをハウス内に放飼します。 しか …

    続きを読む


    マンゴーの芽

    マンゴーは隔年結果性

    マンゴーの「アーウィン」は隔年結果性が強い品種である。 マンゴーを成らせ過ぎると翌年の花の量や質が低下し、収穫低下を招く。 そのためには摘花と摘果をきちんと行うことが大事である。 一花房に胚の生育のよ …

    続きを読む


    日本のマンゴー

    日本のマンゴー

    国産のマンゴーは熟すと果皮に油膜状のものが現れ、何とも言えぬ甘い香りを発する。種に沿ってナイフで三枚におろすようにカットすると、果汁が滴り、いっそうその香りが広がる。 そしてそのジューシーな橙色の果肉 …

    続きを読む


    マンゴーの木

    マンゴーの歴史

    4000年前の文献から当時すでにインドではマンゴーが栽培されていたことは明らかですが、 近年の研究では原産地はミャンマー、タイ、マレー半島であるという説が有力です。 また、インド、ミャンマー、熱帯ヒマ …

    続きを読む