• ボイラーを炊かない太陽光だけで完熟させた宮古島マンゴー

    ハブが嫌うマンゴー栽培に適した土

    宮古島島尻マージ

    毒蛇ハブのいる沖縄本土では昔、ハブを避けるために肥料で、
    土壌の中和剤である消石灰(弱アルカリ性)やサンゴを 家屋の周りに撒いたといわれています。
    ハブは酸性の土壌の島に生息します。
    猛毒を持つハブはアルカリ性を非常に嫌うために弱アルカリ性の土壌の島には存在しないのです。

    宮古島はマンゴーの栽培に適した弱アルカリ性の土、島尻マージで全島覆われてるからハブがいないのです。
    ハブは夜行性で、気温30度の直射日光のもとでは約10分ほどで死ぬといわれています。
    昼間は直射日光を避けて日陰の涼しい場所に身を潜め夜に活動します。

    琉球列島におけるハブの生息分布

    • ハブ–沖縄本島・奄美大島・徳之島・久米島
    • サキシマハブ–八重山諸島(石垣島、西表島)・沖縄本島
    • トカラハブ–トカラ諸島
    • タイワンハブ–沖縄本島