• ボイラーを炊かない太陽光だけで完熟させた宮古島マンゴー

    インドマンゴー
    4000年前の文献から当時すでにインドではマンゴーが栽培されていたことは明らかですが、
    近年の研究では原産地はミャンマー、タイ、マレー半島であるという説が有力です。

    また、インド、ミャンマー、熱帯ヒマラヤ、インドネシア、フィリピン、パプニューギニアに
    多くの野生種が見られこの地域での種間交雑によって新種のマンゴーが出来たと考えられます。

    マンゴーが長い間、東南アジアから外へ出なかったのは、
    種子の発芽能力が短かいために長期間の航海で運ぶことが出来なかったからです。

    日本では昭和の初期に台湾から沖縄に移住した人が持ち込んだのが始まりと言われています。
    本格的に栽培方法が確立したのは、1980年代以降で、沖縄、奄美大島でした。