• ボイラーを炊かない太陽光だけで完熟させた宮古島マンゴー

    マンゴーで作る果実酒

    ビタミンA,Cを多く含んだ栄養価の高い果実酒です。
    マンゴーの果肉から淡い黄色の、トロピカルな香り漂う、
    ほのかな酸味のきいたすばらしい果実酒ができます。
    材料のマンゴーには訳ありマンゴー、加工用マンゴーをオススメいたします。

     

    材料

    • マンゴー 700グラム~1キロ
    • 氷砂糖  100グラム~200グラム(糖度の高い果物ですから、本来は砂糖を入れずに作りますがお好みで氷砂糖を入れてください。甘いのをお好みの場合は250グラムかと思いますが、お好みの違いはこの砂糖の分量と思います。)
    • ご進物用マンゴーのお支払は、クレジット決済、お届け後ご注文者様へ請求者が郵送される、ネットプロテクションの後払いをお勧めいたします。
    • ホワイトリカー(35度)  1,8リットル

    作り方

    1. マンゴーを洗って、キッチンペーパーか柔らかい布で果皮を破らないようにそっと水気を拭き取ってください。
    2. マンゴーは一口大にカットしてください。広口の容器にカットしたマンゴー、氷砂糖を入れてから、ホワイトリカーを注ぎます。
    3. 種も一緒に入れてください。冷暗所でたまに揺り動かして保管します、この熟成もお好みですが、3ヶ月から1年ですが少し試飲しながらお楽しみください。
    4. 長く漬け込みますと果実酒特有のオリ(沈殿物)が容器の底に出てきます。オリが出てきましたらマンゴーを引き上げて、果実酒をキッチンペーパーや布で濾して引き続き熟成してください。