• ボイラーを炊かない太陽光だけで完熟させた宮古島マンゴー
    マンゴー の食べ頃・追熟・保存方法
    マンゴーが届きましたら、まず、充分に完熟しているかどうか見てください。
    下の写真を見て参考にしてください。
    桃のように表面の柔らかさを指で感じ、芳醇な香りが出てきたら完熟です。
    少し追熟が必要でしたら、 常温で追熟してください。
    マンゴーは生きています。
    マンゴーを長く冷蔵庫に入れて冷やしますと、
    追熟による果肉の軟化を防ぐことはできますが、
    マンゴーの呼吸量を低下させて、何よりも香りが無くなります。
    また、熱帯果実のマンゴーは一度冷やしてしまうと
    冷蔵庫から出しても低温障害になって追熟しません。
    完熟を確認できましたら、乾燥させないように
    ラップか濡らした新聞紙で包んで
    冷蔵庫で冷やしてできるだけ早めにお召し上がりください。
    アップルマンゴー の食べ頃
    マンゴー 収穫直後 マンゴー 食べ頃(完熟)
    収穫直後のマンゴー

    収穫直後のマンゴーにはブルーム(白い粉)が果皮を覆ってサラサラした感じです。

    完熟したマンゴー

    果皮がベトベトした感じでこの写真のように、ピカっと艶が出て柔らかくなれば食べ頃です。

     

    追熟させるときの注意
    常温で追熟させますが、気をつけていただくことは乾燥させないでください。
    乾燥すると果皮にしわが寄ってしおれた感じになってしまいます。
    マンゴーをポリ袋か、紙袋に入れて箱の中で乾燥を防いで追熟させる(85%~95%の湿度を保つ)。
    マンゴー の保存方法
    マンゴーを冷蔵庫で保存するときは、はだかのまま冷蔵庫に入れて冷やさないでください。 濡れた新聞紙かラップで包んで乾燥しないように、野菜室に入れてください。 何も包まないでマンゴーを冷蔵庫に入れますと表皮がぶよぶよになって、冷蔵庫やけの状態になります。